one | list | cloud
世界1豪華列車乗車記
  世界一の豪華列車といえば何を思い出すだろうか。
 一番知られているのがオリエント急行ではないだろうか。
 本来はその名の示すとおり、ロンドンから東洋の玄関イスタンブールまでの
列車であったのだが、今はその名を借りてマレー半島やオーストラリア、アメ
リカにまで進出している。何が「オリエント」だかさっぱり解からない。
 その他にはどうだろうか。
インドにはマハラジャが利用していた車両を使った観光列車が走っている。
中国にはシルクロード特快なる列車もあるらしい。
日本だってカシオペアとかがある。
今回乗ってきたのは、おそらくそのどれよりも豪華な列車である。
南アフリカ共和国の首都プレトリアからケープタウンまで走る「ブルートレ
イン」がそれである。約27時間の旅である。
ブルートレインは日本の寝台車の通称であったが、それは日本がまねをした
のである。
南アのブルートレインはかつて白人専用で、唯一日本人だけが有色人種のな
かで乗ることが許されたという、まことにもって不愉快な乗り物であったのだ
が、今はもちろんお金さえ出せば誰でもOKだ。
どのくらい贅沢かというと、私たちの予約した一番下のクラスの部屋でさえ、
一車両に4部屋しかない。その各車両ごとに専用の係員がいる。
部屋の中はバスまたはシャワーとトイレがついている。列車でバスタブとは
すごい。ベッドはツインまたはダブル。ダブルベッドの部屋で彼女と過ごした
日には、一晩中列車が揺れ続けてしまいそうだ。
共用のスペースとしては、クラブカー、ラウンジカー、展望車、そして食堂
車がある。いつ何を飲んでも無料である。ルームサービスもしてくれる。
食事は昼食、午後のハイティー、夕食、朝食と4回いただくことになるのだ
が、昼食と夕食はフルコースである。フランス料理なのだが、ちょっとアフリ
カっぽいのも用意されていたりする。
わが同行者のおばさま方も大満足である。夕食には胸がばっくり開いたやつ
を着てきてほしいをとお願いしてあったのだが、まあ胸ばっくりはなかったが、
それなりに皆様ドレスアップを楽しまれていた。もっとも本当に胸ばっくりで
来られても困ったのだが。
東京のMさんはちょっと大きめのおばさまなのだが、彼女は昼食時にメイン
のチョイスを二つとも平らげてボーイ連中を大いに沸かせた。その2時間後に
はハイティーのサンドイッチにも挑戦していたので本当に頼もしい。
スタッフは皆フレンドリーで好感が持てる。教育も行き届いており、チップ
をねだるような行為は一切なかった。こちらが気が付かなかっただけかもしれ
ないが。
列車のロゴのはいった時計やチョコレートを土産にくれるのもうれしい。
ところでこの超豪華列車でちょっとした事件がおきた。断水である。
水が切れたのではなく、車両の下にある送水のバルブが何らかの理由でしま
ったらしい。外側からしか直せないのだから、走っているうちは水が出ないと
いうことだ。
朝の6時頃にMさんからの電話で事の次第を知ったのだが、どうも夜中から
水が出ていなかったらしい。
水が出ないというのは結構大変なことで、シャワーが浴びられないくらいは
どってことないのだが、トイレが流れないのが困る。
トイレが使えないと思うと無性に大便がしたくなる。こう見えて神経が細い
のだ。豪華列車には公衆便所はないので余計困る。
断水は7時頃に臨時停車をして直ったのだが、天下のブルートレインのトイ
レが流れないという、まことに貴重な体験をしたのであった。

<<ヘヤー解禁 | ぼったくりならまかせとけ >>