one | list | cloud
喪服の天使たち
タイには飲み屋がたくさんある。しかしタイ人は酒に強くない。体質的にそ

うなのか,あるいは財布の中身がそうさせるのかわからないが,少量の酒で結

構気持ち良く盛り上がっている。

 タイでは酒を飲んではいけない日,というのが存在する。仏教の重要な日や,

大きな選挙の当日は禁酒日となっている。仏教の日は敬虔な仏教徒の多い国と

してはもっともであるが,選挙の当日というのは,いかにタイ人は酒癖が悪く,

見かけによらず狂暴かという証かもしれない。

 この禁酒日には,酒の販売はもちろん飲み屋や風俗店の営業も休止となる。

外国人の多いホテルでも,自分の部屋以外では飲めない。繁華街は灯が消えた

ようになり,人出もまばらになる。

 しかし中にはどういったコネクションを使っているのか,営業しているナイ

トクラブがあったりする。もちろん酒は出さないのだが,本来禁止されている

営業はしているのだ。

 1995年に現国王陛下のお母様が亡くなった。そして8ヶ月にも及ぶ服喪

期間を経て,葬儀が3日間にも渡って執り行われた。

 丁度葬儀の初日からバンコックに3泊という団体の添乗員をしていた。構成メ

ンバーは,朝から酒をグビグビといった酒豪ばかりだったので,ちょっと気の思い

添乗であった。

 そんな厄介な日ははずして旅行すれば良いではないか,と思われるかもしれ

ないが,葬儀の日程が正式に決まったのが1ヶ月前なのだ。わかった時点での

日程変更は難しかったのだ。

 さてそんな彼らをせめて若い女性を侍らせる店へ行って機嫌をとらねばなら

ない。飲み物はコーラだが贅沢は言ってられない。100軒近い日本人用ナイ

トクラブが並ぶタニヤ通りに行けば,こっそり営業している要領の良い店の2

軒や3軒はあるだろう。

 ところがである,なんとこの日は1軒たりとも開いていない。本当に真っ暗

なのだ。店の掃除に来ているスタッフらしき人に訊いても,今日はどこもやっ

ていないだろうとのこと。ここで私達はタイ人の王室に対する敬愛が半端でな

いことを思い知らされた。そうだ,街を歩いている人はみんな喪服じゃないか。

公務員にいたっては,この8ヶ月間ずっと黒い服を着て仕事をしていたではな

いか。うかつだった。

 それでは部屋で飲もうということになった私達に,ある情報筋から郊外で営

業している店があるという噂が届いた。みんなヒマだからちょっと行ってみる

かという事になり,こそこそとタクシーに乗り込んだ。

 到着した店はやはり真っ暗で,ガセネタだったかと帰ろうとしたところ,奥

から人の影が。やはり営業していたのだ。

 中へ入るとボリュームを落としてカラオケをやっている。美女も侍っている。

まずマネージャーが出てきて,酒は出せないこと,美女は奥の部屋で選べるこ

とを告げる。

 慣例に従って奥の部屋に入った私達は,思わず笑ってしまった。

 そこはいわゆる雛壇式のガラスの部屋になっており,20人以上の美女とな

かにはそうでもない女性がいたのだが,なんと全員喪服に番号札をつけて微笑

んでいたのだった。

<<バブルだキャビアだニューヨーク | シクロよどこへ行く >>